ワクチンについて調べてみた。

ワクチンとは?

病原体の攻撃や侵入に備えるために体の免疫を反応させる医薬品

 

ヒトの獲得する免疫

  • 液性免疫……各病原体に対する特異的な抗体を生み出す
  • 細胞性免疫……病原体を攻撃する細胞を活性化する

ワクチン種類

ワクチンには種類がある。

①ウイルスベクターワクチン

メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチン

③DNAワクチン

④組み換えたんぱく質ワクチン      など

 

今回は「mRNA」について書く。

メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチン

日本で先行接種が開始されたファイザー社・ビオンテック社製ワクチンもmRNAワクチン。

人間の体では、DNAに遺伝情報(設計図)が記録・保持されている。

この情報がmRNAに写し取られ、さらにmRNAが抗体、あるいは筋肉や臓器などの体を

構成する物質であるタンパク質に翻訳されることで、タンパク質が人間の体で機能を発

揮することができるようになる。

感染とは

 新型コロナウィルスの表面には、スパイクタンパク質

人間の細胞の表面には、ACE2というタンパク質がある

この両者が結合することでヒトの細胞に付着する。

 その後、細胞の中に入り込んで中身を放出することで感染が成立する。

ワクチンの目的

 ワクチンの目的は、スパイクタンパク質とACE2の結合を邪魔する「中和抗体」というものを体内で作らせること。

 

本日読んだ記事 

newspicks.com