2021年4月16日の雑談ネタにどうぞ。

読んだ記事①

www.businessinsider.jp

TOFU BARとは?

セブン&アイHDが2020年11月に全国販売を開始したバータイプの「TOFU BAR(豆腐バー)」シリーズ。

販売開始から5カ月たった2021年3月末には、300万本を突破するヒット商品となっている。

日本の豆腐市場は毎年売上が5%ほど低下していることもあり、豆腐メーカーとしての危機感もある。豆腐の植物性タンパク質は体に良いものなので、このまま食べてもらう機会を失うのは惜しい。そこで、多くの人たちに食べてもらいたい、食卓に上りやすい形に進化させて提案したというのがTOFU BARです。タンパク質は絹ごし豆腐の2.7倍ある。

購入している年代

TOFU BARシリーズの購入者は20代から40代の男性が多いという。

ラソンなどの運動の後に食べられていたり、朝ご飯の代わりにかじっている方、晩酌の時にヘルシーなおつまみとして食べられている方もいるよう。

 

読んだ記事②

news.yahoo.co.jp

目に入ってくる光を屈折させて網膜に集める役割を担う水晶体は、成熟する過程で核やミトコンドリアなど細胞内の小器官が全て分解されて透明になることが約100年前から知られていた。

生きた状態で細胞や組織を観察しやすいゼブラフィッシュを使い、水晶体細胞で小器官が分解される際に多く発現する約60種類の遺伝子を特定。各遺伝子の機能を失わせて実験を繰り返した結果、脂質の代謝を促す酵素の一種が関わっていることを突き止めた。この酵素が働かないと、水晶体が混濁する白内障や光の屈折異常が起きたという。

マウスでも別の脂質代謝酵素を働かなくすると、同様の混濁や屈折異常が起きた。こうした酵素は哺乳類を含む脊椎(せきつい)動物が持っており、酵素が関わる分解の仕組みが備わっていることが明らかになった。

読んだ記事③

buzzmag.jp

これは個人的に面白かったです。

 

明日も良い一日になりますように。